もしかして浮気?LINEやメールは浮気の証拠になるのか徹底的に検証

「LINEを送信している画面を見られないようにしている」
「スマホ画面を下向きにして置いている」
「LINEをロック画面では通知が来ないように設定している」
「女性(男性)の顔がアイコンになっている人とのやりとりが見えてしまった…」
「頻繁にLINEのトークを削除している様子がある」
「スマホを肌身離さず持ち歩くようになった」

普段の様子を見ていると、どことなく怪しい行動が多く、もしかしたら浮気をしているのではと不安に思ってはいませんか?そんなときは相手の行動をよく観察してみましょう。

そう言えば最近になってスマホや携帯電話を肌身から離さず持ち歩くようになった、昔よりもLINEやメールの着信が多くなったなど、携帯電話やスマホに関連する行動で不審な動きがあった場合には注意が必要です。

なぜなら、浮気をしようと思うと連絡手段として携帯電話やスマホは必需品であり、これをなくして浮気は難しいと言っても過言ではありません。
つまり浮気の発信源でもある携帯電話やスマホの情報を確認することにより、配偶者や交際相手が浮気をしているのかどうかを確認できるということです。

そこで今回は、浮気の証拠をつかむためにメールやLINEを確認する際のポイント、メールやLINEは浮気の証拠として使えるのかを中心に解説していきます。

元弁護士が本気で推薦する探偵事務所ランキング

1.携帯電話・スマホ確認は浮気調査の基本

nordwood-themes-469906-unsplash
前述した通り、携帯電話やスマホは浮気をするための最重要ツールであるため、これを使わずして浮気をしていれば証拠をつかむことが難しいかもしれません。
しかし、実際に浮気をしている方の大半が手段として携帯電話やスマホを利用しているため、浮気の証拠をつかむにはメールやLINEをチェックすることをオススメします。

そこでLINEやメールを確認する際に、どのような点に気を付けてチェックすべきなのかを見ていきましょう。

(1)LINEは浮気の温床

このLINEとは言わずと知れた定番アプリであり、今や国民の大半が連絡ツールとして使用しています。定番アプリであるがゆえに、浮気で使用されているケースも珍しくなく、浮気相手との親密なやり取りが残されているケースも多々あります。

LINEがなぜそこまで浮気のツールとして使用されているのでしょうか?それは、便利な機能がいくつも備わっていることに加えて、証拠を残さないようにコンタクトが取れる隠密性にあります。

数ある機能の中でも特に注意して確認すべき機能をご紹介していきます

①友達リストをくまなくチェック

これはLINEに現在登録されている友達をすべて確認することを意味しています。単純に登録名だけを見ると個人名であることや会社名で登録されていることもあるかもしれませんが、それでも必ずすべての友達とのやり取りを確認するようにしましょう。

なぜなら、本当にそれが男性(女性)なのか?本当にそれが企業なのか?ということはLINEを開けてみるまでは分かりません。登録名を偽装することは簡単にできてしまうため、そのままの登録名をうのみにするのはやめましょう。

男性や企業名で登録されているにも関わらず、その内容が不自然である場合には、限りなくクロに近いグレーだと判断しても良いでしょう。必ずすべてのLINEをチェックしてください。

②ブロック・非表示リストを確認する

多少でも慎重に行動するタイプの場合には、そのまま浮気相手とのLINEを残しておくことはリスクがあるため、削除している可能性が高いです。そういった場合にも対応できるように、必ずブロック・非表示リストにも目を通しましょう。

LINEでは、浮気相手をブロックや非表示にして、さらに削除をしなければ完全にLINEからは削除されない仕組みになっています。つまり、毎回この作業を行わなければ削除できないため、何かの拍子で消し忘れがあった場合には、このブロック・非表示リストを確認すれば残っているというわけです。

配偶者や交際相手としても、毎回消すという作業には手間も時間もかかるため、辛抱強く浮気の証拠集めをしていれば、いつか思わぬ証拠が手に入るかもしれません。

(2)メールも侮ってはいけない

william-hook-476194-unsplash
さきほどのLINEと同じように、メールも浮気相手と直接連絡を取るには欠かせないツールです。LINEのアプリ自体を登録していないという場合には、メールを必ず確認するようにしてください。ちなみに、このメールを確認する際のポイントとして、携帯電話やスマホで受信するメールだけではなく、パソコンで受信するメールも要チェックです。

①サブアカウントに気をつけろ

このサブアカウントとは、パソコンメールでのアカウントを複数所持することを指しており、普段仕事やプライベートで使用しているアドレスとは別に、浮気用にサブアカウントを作成している可能性がないかを確認する必要があります。

ちなみに確認すべきツールとして、「Google」や「Yahoo!」などを経由してメールをしていないかを確認する必要があります。Googleでは「gmail」、Yahoo!では「Yahoo!メール」などを主に確認すると良いでしょう。

メールアドレスを自由に作成もでき、なおかつ複数のアカウントを所持することにより、メールアドレスを複数所持することも可能なため、LINEを使っての浮気よりも隠密性の高い浮気方法と言えます。

もちろんLINEと同様に、受信したメールを削除できるため、「ゴミ箱」に完全削除し忘れてしまった消去メールが残されていないかを確認することも重要です。誰しもやり忘れてしまうことがあるため、定期的にチェックできる環境であれば確認すべきポイントです。

②SNSのメールにも注意

メールやLINEというくくりで考えると、他にもSNSなどのメッセージアプリや機能はたくさんあります。TwitterやFacebookでもメッセージのやり取りや出会いを見つけることは可能です。
頻繁にTwitterなどのアプリの通知が届いている場合には、誰かとこまめに連絡を取り合っている可能性も考えましょう。

2.法律的に有効な証拠とは?

ここからが肝心なのですが、はたしてLINEやメールは法律的側面から見ると、浮気をしていたという決定的な証拠となるのでしょうか。
結論から言うと、なる場合とならない場合があります。

ではどのようなケースで浮気と認められるのでしょうか?
それは、複数回にわたり浮気相手と肉体関係を持っていたことが証明できる内容です。
この証拠をつかむことができれば、浮気をしていたと断定できます。

ちなみに、複数回にわたりという部分がポイントで、一度限りのワンナイトラブなどは浮気をしていたとは判断されにくいのが現状です。一般的には一度でも肉体関係を持てば浮気でしょという通念があったとしても、法律的な観点からすると、それは浮気とは判断しにくいとなってしまいます。

また、浮気相手があなたの配偶者のことを未婚者だと思っていた、またはそう知らされていたなどのケースも浮気とは判断されにくいです。なぜなら、お互いが未婚であればそこに肉体関係があっても自然なことだからです。
肉体関係を持っていたことが重要ではありますが、立証できても浮気相手が浮気と認識していなかった場合は法的には証拠となりにくい現状があります。

そして、親密そうな関係であったとしても、肉体関係があったことを証明できない、または肉体関係がなかった場合などにも、浮気と認めることは難しいとされています。
一般的に認められることであっても法律というものさしで測ったときに、それが浮気や不倫と認められないことも多いため見極めることが重要です。

まとめると、性行為をしている画像・動画が数本出てくるなどのケースであれば、浮気の証拠としては効果が高いと言えます

3.実は証拠にならないケースもある!?

kusaiyoIMGL7328_TP_V4
探偵事務所や法律事務所に持ち込まれる浮気相談の中で、よく被害者の方が証拠として出すものの中には、証拠としてまったく効果を発揮しないものもたくさんあります。
意外なものには、車の中に落ちている浮気相手の髪の毛などが挙げられますが、具体的に証拠になると思われているが証拠にならないものを見ていきましょう。

(1)車の中で見つけた浮気相手の髪の毛

自分の髪の毛でない毛が落ちていれば、「あれ?もしかして…」と不審に思うことは当然だと思います。特に浮気を疑っている最中であれば、その髪の毛を証拠として取っておこうと思う方も多いはずです。

しかし、この髪の毛ですが、誰の髪の毛かはDNA鑑定をしなければ分かりませんし、なおかつそれが浮気相手のものであるかどうかも簡単には特定できません。
特定しようと思うと浮気相手の承諾を得る必要もありますし、特定できても車の中にいたことまでしか分かりません。

前述した通りですが、いたことは分かっても肉体関係があったかどうかまでは知ることができないのです。これでは骨折り損のくたびれ儲けとなってしまいます。
髪の毛は浮気の証拠としては効果が薄いため、わざわざ探すまでもありません。

(2)ラブラブなメール・LINE

やはりメールやLINEは立派な証拠ですが、内容次第では証拠として力を発揮しないケースもあります。

例えば「好きだよ」「愛しているよ」などのラブラブなメッセージだけだと証拠として弱いと判断されてしまいます。しかし、前述した通り具体的に性行為をしている画像や動画など、これらの証拠がつかめると効果は高いです。
また、単純に異性と連絡を取っていたという程度では、浮気をしていたと法的に認めることは難しく、慰謝料請求や離婚を勝ち取ることも難しくなります。

4.使える証拠でなければ意味がない

せっかく時間と労力をかけて集めた証拠が、いざプロに見てもらうと使えないという結果に終わってしまっては意味がありませんので、確実な証拠を手に入れる方法をみなさんにご紹介します。

それはプロの探偵を雇うことです。今の探偵事務所は昔と違い悪質な業者は限りなく皆無に等しく、良心的な探偵事務所が多いです。

実際の探偵事務所に相談しにくる方の依頼内容の多くは、浮気や不倫にまつわる相談が大半を占めています。つまり、浮気や不倫のことは探偵に聞くのがベストであり、証拠をつかむ作業は探偵の専売特許とも言える得意業務です。

探偵は法律的な知識も備えている方が多く、いざ裁判になったとしても使える証拠を集めてくれます。慰謝料請求や離婚など、少しでも今後の展開を有利に進めていきたいという方は、ぜひ探偵に相談してみることをオススメします。

無料相談も受け付けているところも多く、気兼ねなく訪ねていける環境が整っています。


【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング

4.まとめ

今回は、メールやLINEは浮気の証拠になるのかを中心にご紹介してきましたが、最後まで読んでいただけた方はポイントがつかめたと思います。
具体的に「いつ」「どこで」「誰と」「肉体関係を持ったか」を証明することに時間をかけましょう。
複数回にわたり肉体関係を持ったことを証明するにはラブホテルなどの出入りを確認することが重要ですが、個人で行うことはリスクもあるため、やはりプロの探偵に任せるのが得策だと言えます。

浮気の証拠をつかみ相手を問いただすことも重要ですが、何よりも大切なことは「今後のあなたの人生」です。
浮気をしていたパートナーと今後どのように接していくのか、なぜパートナーは浮気をしてしまったのかなど、考えねばならないことはたくさんありますが、問題解決をした後にあなたがどのような人生を歩んでいくのかも考えることが先決です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
閉じる 探偵選びに迷ったら 探偵事務所ランキング 業界最安値 全国対応 24時間365日相談受付