ca76cf2168bafce52e114a12a008c92b_m

もしかして浮気?LINEやメールは浮気の証拠になるのか徹底的に検証

異性とのやりとりしているLINEやメールを見てしまった。
それも、浮気をしていると断定しても良い内容。

また、自宅にいながらスマホや携帯電話を常に持ち歩くようになった、
LINEやメールを打っている画面を見せないようにする、など実際に見ていなくても怪しいと感じる行動もあります。

そんな際に、LINEやメールは浮気の証拠となり得るのでしょうか?
今回は「もしかして浮気?LINEやメールは浮気の証拠になるのか徹底的に検証!」というテーマでお送りしたいと思います。

※この記事は2018年2月20日に加筆・修正しました。

元弁護士が本気で推薦する探偵事務所ランキング

1.もしかして浮気?LINEやメールのチェックポイント

配偶者が怪しいと感じた時に、多くの方がする事が携帯電話のチェックではないでしょうか?
浮気相手との連絡に携帯電話を使わない事はほぼ考えられませんので、LINEやメールをチェックすれば浮気の痕跡が発見できるかもしれません。

この項では、LINEとメールのチェックポイントを個別にご紹介していきます。

(1)LINEの場合

今日において浮気相手との連絡手段として最もポピュラーなツールと言えばやはりLINEではないでしょうか。
LINEのチェックポイントは以下の通りです。

①LINEにパスコードがかかっていないか?

スマホにセキュリティロックをかけている人は珍しくないですが、それに加えLINEにパスコードをかけて二重にロックしているという人は浮気をしている可能性が高いと言えます

浮気を断定することはできませんが、何か見られたくないものがあるかもしれません。

②友達の名前が変更されてないか

LINEでは「友だち」の表示名を自分で設定する事ができます。
そのため、浮気相手の名前を同性名に変更している可能性があります。

「友だち」のプロフィールから本名(本人が登録している本来の名前)は見る事が出来るので、トーク履歴で頻繁にやり取りしている人がいたら浮気相手の可能性が高いかもしれませんね。

③個別に通知オフが設定されていないか

LINEは新着メッセージがきたら通知されますが、「通知オフ」に設定する事でメッセージが来ても通知されないようにする事が出来ます。
浮気をしている人の中には、浮気相手は個別に通知オフ設定にしている人が少なくありません。

自宅にいる時、配偶者と一緒にスマホを見ていたら浮気相手からLINEが…というシチュエーションを避けるためです。

④非表示リスト

LINEには非表示機能があります。
非表示リストに入っている「友だち」からのメッセージを「友だち一覧」に表示しない状態で受け取る事が出来るのです。
もし非表示リストに誰かの名前があったら、隠したい相手、つまり浮気相手の可能性が高いと言えるのではないでしょか。

以上の4点がLINEのチェックポイントです。

(2)メールの場合

それでは次はメールの場合について一緒に見ていきましょう。
浮気相手との連絡ツールは今日ではLINEがメインと言えますが、書きたい事がたくさんあったり、添付ファイルがある場合はメールが便利ですよね。

またメールであれば勤務中でも仕事を装い送る事が出来るので浮気相手とはメールで連絡を取り合うという人もいます。
メールのチェックポイントは以下の通りです。

①同性名・会社名のメール

配偶者のメールをチェックする時は、気が急いてしまいつい異性からのメールだけをチェックしてしまいがちです。
しかし、メールを配偶者にチェックされる可能性を考えている人であれば、対策として同性名もしくは会社の名前でアドレスを登録している可能性があります。

頻繁にやり取りしているアドレスは、それが異性名でなくても浮気相手である可能性はあるので注意が必要です。

②個人フォルダー

浮気相手と頻繁にメールのやり取りをしている場合は、個人フィルダーを設定している可能性があります。
よほど無防備な人以外は、浮気相手の名前でフォルダーを設定する事はないと思いますので、同性名・会社名のフォルダーであっても安心はできません。

③ゴミ箱

浮気相手からのメールは読んだ後、削除してついそのまま…という可能性も。
ゴミ箱に入っているメールは、削除しない限りは残ります。
受信トレイやゴミ箱、そしてアーカイブも確認が必要です。

④アナタが知らないアカウントの可能性

配偶者と頻繁にメールをやり取りする方はつい、そのアドレスのみに関心がいきがちです。
しかし慎重な人は、浮気相手専用に別アカウントを所有している可能性もあります
その場合はスマホにもインストールしている可能性が高いでしょう。

もちろん仕事や友人、ネットショッピング専用という事もありますが、浮気相手とお連絡に使っている可能性も高いので注意が必要です。

ここまでLINEとメールそれぞれのチェックポイントをご紹介させていただいたわけですが、例え夫婦であっても他人のLINEやメールを見るのは、プライバシーの侵害にあたる事があります。

また、スマホにロックがかかっていたり、LINEにパスコードがかかっていたりした場合はさらに注意が必要です。
パスワードを配偶者の同意なしに得ると「不正アクセス禁止法」が適用される事があります

離婚裁判や調停になった場合は「配偶者に浮気を疑わせる言動が見られ、夫婦生活を守るためやむを得ず行った」と主張する櫃超があるので、LINEやメールのチェックは、ある程度配偶者の浮気が確信された場合のみ行う事をおすすめします。

2.LINEやメールは浮気の証拠になるの?

さてここまで読んでくださった方の中には「そもそもLINEやメールは浮気の証拠になるの?」と思われた方も少なくないのではないでしょうか。
この項ではその点を中心にお話ししていこうと思います。

(1)浮気には法的な定義があります

浮気は法律でいう「不貞行為」にあたる罪です。
どこからが浮気か?というのは永遠のテーマと言われていますが、実は法的には明確な定義があります。
「相手が既婚者と知りながら複数回に渡り肉体関係を結んだ」
これが法における浮気の定義です。

つまり、出会い系サイトで知り合った相手と一度だけ関係した、浮気相手が配偶者を既婚と認識してなかった、プラトニックな関係…これらは法的には浮気ではありません

ですから、配偶者が浮気をしていると思っても、法的な不貞行為の証拠がないと浮気を立証する事は難しいんですね。
LINEやメールが浮気の証拠となるか否かというのはその内容によるわけです。

(2)どんな内容のLINEやメールが証拠になる?

それではいったいどんな内容のLINEやメールが証拠になるのでしょうか?
浮気の証拠になるLINEやメールは、複数回に渡って肉体関係を持った事が明らかに示唆する内容のものです。
浮気相手とラブホテルで撮った写真や動画をやり取りしていたり、配偶者自身が浮気を認める内容のものは有効な証拠となるでしょう。

しかし浮気の証拠がLINEやメールだけというのは、少し心もとないので、LINEやメールはあくまで証拠の1つとして捉え、他にも証拠を集める事が大切です。

浮気の証拠を確実に手に入れる方法についてはまた後で詳しくお話ししたいと思います。

(3)怪しいLINEやメールを発見してしまった時の対処方法

配偶者の浮気を示唆するような怪しいLINEやメールを発見してしまった…そんな時は冷静になって対処しましょう。

あまり時間がない場合はとりあえず、そのLINEやメールの写真を撮ります。
この際、可能であればアナログのカメラで撮るようにしてください。
デジタルは編集が可能なため、離婚裁判や調停においては不利になる場合があります。

またメールの場合は自分のアドレスに転送しておきましょう。その際に、転送した形跡が残らないよう、しっかり送信メールは削除します。
LINEの場合も転送は出来ますが、そうするとコピーしたメッセージを削除した後も、アナタがトーク一覧のトップにきてしまいますので不自然になります。
LINEの場合は、写真を撮るだけにとどめた方が良いでしょう。

3.確実な証拠を手に入れたい…そんな時は?

前項でもお話しましたが、LINEやメールというのはそれだけでは浮気の証拠としては弱いと言わざるを得ません。
浮気が明らかになった場合、離婚や慰謝料請求を考えているという場合は確実な証拠が必要となってきます。

しかし、自力で証拠を手に入れるのはかなり難しいという事をおぼえておいてください。

配偶者を尾行したり、張り込みをするというのは言うほど簡単なものではありません。
何より精神的な負担が大きく、ほとんどの方が途中で断念します。
もしアナタが証拠探しをしている事を配偶者が気づいてしまえば、行動が慎重になったり、浮気の証拠を隠滅される可能性も

そこでおすすめなのが、探偵事務所に浮気調査を依頼するという方法です。
探偵にはプロのノウハウがあり、短期間で確実な証拠を手に入れてくれます。
調査終了後に作成される調査報告書は、離婚裁判や調停でも大きな効力を発揮します。

ただ、探偵事務所への依頼と言ってもすぐに優良な探偵社が見つかるとは限りません。
当サイトでは大手の探偵事務所に限定してランキングにしています。是非ご活用ください。

【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング

配偶者との話し合いが難航した場合、どれだけ確実な証拠があるかが鍵となりますので、離婚や慰謝料請求を視野に入れている方は、浮気調査を依頼する事を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

今回は、LINEやメールは浮気の証拠になるのか?というテーマを中心にお送りさせていただきました。
LINEやメールは内容によっては浮気の証拠になり得ますが、離婚や慰謝料請求を考えている方は、より確実な証拠も必要になるんですね。

配偶者が浮気をしているかも?と悩まれている方は、一度探偵事務所に相談されてみる事をおすすめします。
相談は無料でしかも匿名でも大丈夫ですのでまずは気軽に問い合わせみましょう。
きっとアナタの人生をリセットする最初の一歩になるはずですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 名称未設定-1
    探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
閉じる