GPS発信機で効果的に浮気の証拠つかむための追跡方法を解説

浮気の証拠をつかむ方法はいくつもありますが、今回はGPS発信機を用いた追跡方法を解説します。
ただ、GPSを取り付け足取りをつかむだけであれば誰でもできますが、「浮気の証拠」となると話しは変わります。

これらを踏まえてGPS発信機をどこに設置すれば良いのか、追跡できない場所や建物はあるのかなどについて詳しく見ていきましょう。

1.GPS発信機での追跡はどこまで可能?

GPS発信機とは、位置情報サービスを利用して対象物や人物を探し出すことを可能にするシステムです。
リアルタイムでどこをどのくらいの速度で移動しているのかも把握することができます。

浮気調査に利用したい場合には、対象である配偶者などの車に装着をすることにより、車でどこを移動してどこに滞在しているのかまで把握することが可能です。ちなみに、何時間ほど滞在していたのかまで分かるGPS発信機まで登場しているため、より細かな情報を手に入れることができるようになりました。

夫婦の共有財産である車に装着をすることは問題ありませんが、配偶者の個人的な持ち物であるカバンなどにGPS発信機を忍ばせてしまうと、ケースによっては逆にこちらが違法行為として訴えられてしまうこともあるため注意しましょう。

2.GPS発信機を設置する最適な場所とは?

GPS発信機を設置する上でもっとも大切なことは、浮気調査をしたい対象人物にGPS発信機の存在を知られないことです。見つかってしまっては元も子もないため、必ず見つからないように慎重に隠す必要があります。

そこで見つかる可能性が限りなく少ない設置場所をあなたにご紹介します。
まずはもっとも設置率の高い車です。しかし、設置場所にオススメするのは車の中ではなく、車の外です。車の外側に装着するメリットとしては、わざわざ車の外にGPS発信機が付いているかを探す可能性が皆無であることが挙げられます。また、エンジン回りは高温になるため避けたほうがよく、装着するには金属部分が良いでしょう。

画像引用:GPS発信機・GPS追跡レンタル【イチロク】

車の中にGPS発信機を装着される方もいらっしゃいますが、万が一の可能性を考えるとやはり防水性能を備えたGPS発信機を車外に取り付けることをオススメします。
バイクや自転車などの車以外の乗り物に装着する場合ですが、これらにはGPS発信機を取り付けるスペースが極端に少なく見つかる危険性が高まるため、なるべくなら控えたほうが良いでしょう。

3.GPS発信機で追跡するメリット・デメリット

浮気調査においてGPS発信機を用いて追跡する上で、メリットとデメリットについても把握しておいたほうが浮気調査の精度も向上します。

(1)メリット

浮気調査においてGPS発信機を使用する最大のメリットは、リアルタイムで対象人物の行動を感知できる点にあります。今どこにいるのかが把握できるということは、それがホテルであれば肉体関係の証明をする証拠の確保にもつながりますし、毎回同じ場所で停車していることが分かれば、そこで何かしら密会が行われているのではとヒントを得るきっかけにもつながります。

GPS発信機で居場所を突き止めることができれば、あとは待機して画像や動画にて証拠をおさえるという流れがベストです。

(2)デメリット

GPS発信機のメリットとデメリットは実は紙一重です。
前述したように、リアルタイムで行動の感知ができるため居場所を突き止めることができますが、そこから先は自分でアクションを起こさなければ証拠を得ることはできません

GPS発信機でホテルに2時間も3時間も滞在していることが分かっても、実際にそこに配偶者と愛人が出入りしている証拠がなければ不貞行為を証明することは難しいと言えます。
あくまでGPS発信機は「その時点での居場所」を探知するにとどまるため、そこから先はあなたの行動力が試されます。

4.GPS発信機を使った追跡例

実際にGPS発信機を用いた追跡例で多いのは、車に装着したGPS発信機のデータを感知するというものです。車は夫婦共有で使用しているケースも多く、仕事やレジャーでも使用する機会が多いため、もっとも利用頻度の高い移動手段です。

車に装着されたGPS発信機のデータは、リアルタイムで自宅にいながらにして感知することが可能です。しかし、ここであなたに覚えておいていただきたいのは、なかなか浮気のしっぽは出てこないということです。
GPS発信機を装着すると、気持ちはどうしても「まだかまだか」という心境に陥ってしまいますが、浮気をする当の本人も配偶者には見つからないようにと慎重に証拠を残さないように行動することを意識しています

なかなか浮気の動向が見られないため、中には焦る方も多いのですが、焦ってしまいGPS発信機のデータをもとに「今日ここにいたでしょ?」などと口を滑らせないように気をつけましょう。早ければ1ヶ月も様子を見れば怪しい行動が見られるようになってくるはずです。もしホテルに滞在していることがGPS発信機で感知されても、その場で焦らずゆっくりと対策を練りましょう。

素人が自力で行おうとする場合には、事前に下調べをして入念に準備しておくことが大切です。よく滞在しているホテルや時間帯を予想できるほどに情報が集まってきた段階で次の行動に移りましょう。
次のステップは張り込みです。事前に調べたホテルにて配偶者と愛人の出入りの瞬間を写真または動画にておさめます。もちろん1回よりも複数回にわたって証拠があるほうが裁判でも有利です。

ホテルに入り数分で出てくるというケースはまれであり、だいたいは休憩時間いっぱいまで滞在していることが多いため、最低でも30分以上は滞在していたという証拠を残しましょう。
なぜ滞在時間が重要なのかということについてですが、あまりにも短い時間で出てきてしまった場合、どうしても不貞行為、つまり肉体関係があったかどうかを証明することが難しくなってしまうからです。

このように、まずはゆっくりと「情報集め」をして、情報が集まってきたら「張り込み」をして裁判でも有効となる証拠を集めましょう。

5.GPS発信機では追跡できない場所や建物


対象人物がどこにいてどこで滞在しているのかまで感知することが可能なGPS発信機ですが、GPSでも感知できない場所や建物が存在します。GPS発信機の精度にもよりますが、高性能なGPS発信機でも限界はあり、具体的には「トンネル」「屋内」「高架下」「高層ビルの間」などでは、受信感度が極端に鈍くなります。鈍くなるだけなら良いのですが、状況次第では電波が途切れてしまう可能性もあります

電波が途切れる可能性のあるような山村地域での追跡やトンネルやビル群に囲まれた場所などでの追跡に関しては、できるだけ精度の高いGPS発信機を用いて追跡していくことをオススメします。
万が一にも電波が途絶えてしまった場合の対処法ですが、高性能なGPS発信機の中には、電波が途絶えてしまったエリアでの交通経路を記録できるものもあり、電波が復旧したのちに電波が切れていた間の交通経路を復活して表示する優秀なGPS発信機も存在します。

電波が切れる可能性のあるエリアでの追跡が予想される場合には、あらかじめ記録できるタイプのGPS発信機を用意しておきましょう。

まとめ

GPS発信機のようにリアルタイムで対象を追跡できる機器は、浮気調査にはもっとも向いているツールであると言えます。普段から徒歩で移動しているような対象者でなければ、車に設置することにより一定期間である程度の成果を出してくれるでしょう。

GPS発信機を用いた追跡において、もっとも注意すべき点としては「どんなときにも慎重に」ということです。追跡している以上、相手の動きがすべて把握できてしまうため、ときには事実と報告が異なれば憤りを感じることもあるでしょう。しかし、そんなときにこそ冷静に対処することが、浮気調査における円満解決への近道なのです。

性能や価格などで検討しながらレンタルしたい場合は「イチロク」がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
閉じる 探偵選びに迷ったら 探偵事務所ランキング 業界最安値 全国対応 24時間365日相談受付