名称未設定-1

浮気に時効がある?慰謝料請求における期限と迫った期日を延ばす方法

「浮気には時効がある」こんな言葉を聞いたことがありませんか?
浮気、つまり不貞行為の時効というのは、犯罪行為の時効とは少し意味が異なります。
浮気に時効があると言われているのは正確には、浮気に対する慰謝料請求に時効が設定されている故なのです。

今回は浮気における慰謝料請求の時効や、迫った期日を延ばす方法等を詳しくお話しさせていただきます。

※この記事は2018年2月20日に加筆・修正しました。

元弁護士が本気で推薦する探偵事務所ランキング

1.「浮気に時効がある」の真の意味とは?

estee-janssens-396876

冒頭部分でもご紹介した通り「浮気には時効がある」というのは、浮気に対する慰謝料請求に時効が設定されているという意味です。
決して、浮気をしても時間がたてばその罪が消えてなくなるという事ではないのです。
浮気行為に対しての慰謝料は一定期間を経過すると請求できる権利が消滅します。

これは「時効が完成する」とも言われ方をする事もあり、浮気相手や配偶者から慰謝料を受け取る事が難しくなります。
この項では、慰謝料請求が可能な期間について詳しくお話していきます。

(1)慰謝料請求が出来る期間は限定されている

慰謝料というのは配偶者の浮気が原因で、精神的苦痛をおった事に対する慰謝料のようなもの、と捉えていただいて結構です。
この慰謝料は、配偶者とその浮気相手、どちらににも請求する事が出来ます。

慰謝料請求が出来る期間は、請求する事情によって異なってくるので、ケース別に紹介していきたいと思います。

慰謝料請求が可能な期間ですが、法律によって「消滅時効」と以下のようにカウントされます。

  • 配偶者の浮気相手を知った時から3年間(消滅時効)
  • 浮気・不倫関係が始まったときから20年間(除斥期間)

上記期間のいずれか短い方で時効は完成すると法律で定められています。

(2)慰謝料請求の時効3パターン

慰謝料請求の時効は以下のように、請求する側の事情で異なってきます。

①不貞行為で受けた精神的苦痛に対する慰謝料

配偶者の不貞行為自体に対する慰謝料です。
慰謝料請求が可能な期間は、不貞行為を知った時からカウントされます。

②不貞行為で婚姻関係が破綻した事で受けた精神的苦痛に対する慰謝料

これは配偶者の浮気によって婚姻関係が破たんした事による精神的苦痛に対する慰謝料になります。
離婚に至ってなくても、夫婦関係に亀裂が入った、家庭内別居をしている、実際に別居をしているという場合、婚姻関係が破たんした時からカウントされます。

③不貞行為が理由で離婚した場合の精神苦痛に対する慰謝料

これは配偶者の浮気が理由で離婚した場合、その離婚によって受けた精神的苦痛に対して請求できる慰謝料です。慰謝料請求が可能な期間は、離婚をした日からカウントされます。
このように浮気の慰謝料請求は期間が設定されているだけでなく、請求する側の事情で変わってきます。

ちなみに、相手の顔は知っているが、名前や住所は特定出来ていないという時は慰謝料請求の時効期間のカウントは開始されません。
今すぐではないけれど、今後の流れによっては慰謝料請求を視野に入れているという方も少なくないと思いますが、知らない間に時効が成立している…なんて事態にならないよう注意が必要です。

いざという時にすぐに慰謝料請求が可能なように浮気の証拠を入手して「その時」に備えておく事をおすすめします。

2.慰謝料の相場はいったいどれくらいなの?

william-iven-22449

さて、浮気に対する慰謝料の金額ですが、一体どれくらいなのか気になる方も多いと思います。
実は慰謝料の金額を決める明確な基準というのは存在しません。自分が納得でき、尚且つ相手が支払える金額が慰謝料になります。

しかし慰謝料に明確な基準が無いとはいえ以下の3パターンでだいたいの相場がわかれます。

  • 離婚する場合
  • 別居に至った場合
  • 離婚も別居もしない場合

それぞれの場合の慰謝料相場を一緒に見ていきましょう。

(1)浮気が原因で離婚をする場合

浮気が原因で離婚に至った場合、慰謝料の相場は200~300万円程度です。
慰謝料の相場は3パターンの中でもっとも高額になります。

婚姻という1つの関係が浮気という不貞行為によって解消されるのですから、精神的苦痛も大きくそれをお金に換算すると高額になるという事ではないでしょうか。

(2)浮気が原因で別居する場合(離婚はしない)

離婚はしなくても浮気が別居をする引き金になったという場合ですが、慰謝料の相場は100万円〜200万円になります。
離婚に至った場合の慰謝料に比べれば金額は低くなります。

(3)離婚も別居もしない場合

配偶者の浮気が発覚しても離婚や別居には至らないという場合、慰謝料の相場は50万円〜100万円という低目の金額になります。
これは「離婚や別居するほどには精神的な苦痛が伴わなかった」とみなされるためです。
このように、浮気の慰謝料相場は離婚をするのかしないのかで大きく変わってきます。

これはあくまで相場ですので、状況または配偶者、浮気相手の経済状態によってもまた変わってきます。

3.浮気の時効間近!慰謝料請求を急ぎたい場合はどうすればいい?

club-2492011_640

浮気の時効については別項でご説明させていただいた通りです。
なんらかの事情によって慰謝料請求を急ぎたいが、時効まであまり時間がない!そんな時はどうすれば良いのかをこの項で解説させていただきたいと思います。

(1)裁判を起こす

浮気が理由で裁判を起こせばその時点で時効のカウントはゼロに戻ります。
裁判を起こすというのは大きなエネルギーが必要になりますし、一般的には弁護士をたてる事になり、その分コストもかかってきます。

しかし離婚する事での高額の慰謝料が予測される場合は、このように裁判を起こすすというのも1つの手段ではないでしょうか。

(2)内容証明を送る

浮気相手に対して内容証明を送れば、慰謝料請求の時効がいったんストップし、その日から6か月猶予が出来きます。
浮気の事実を把握している事、ただちに配偶者と別れるよう通告、慰謝料請求を検討している…などを明記します。

内容証明の作成・送付は弁護士をたてる必要はなく、必要なのは郵便料金だけですので、時効が迫っているという方はとりあえずこれで時間を稼ぐとよいかもしれません。

慰謝料請求を決意したけれど時効が迫っている!という場合はいずれかの方法を実践する事を検討しましょう。

4.慰謝料請求で大切なことは?

慰謝料というのは、配偶者の浮気によって受けた心の傷のための賠償金と言えるでしょう。
お金ですべてが解決するわけではありませんが、慰謝料を受け取る事は法的に認められた権利です。

離婚や別居をする場合は、どうしても先立つものが必要になってきますので、納得のいく金額を手にしたいものです。
この項では慰謝料請求においてもっとも大切なことを紹介していきます。

(1)証拠が慰謝料請求の鍵

配偶者と浮気相手どちらにも請求する事が出来ますが、いずれにしても浮気をしていたという確実な証拠が必須になります。
何をもって「確実」というのかと言うと、法的な浮気の定義を満たしているかどうかです。
特定の相手と複数回に渡り定期的に肉体関係を持っていた、これが法が定める浮気です。

浮気の証拠として有効なものには

  • ラブホテルに出入りしている写真・動画(複数回分)
  • 配偶者が浮気を認める発言をした録音

などです。
単に浮気相手と会っている現場を写真に収めても、それは肉体関係がある事の証明にはなり得ません。

(2)確実に証拠を入手するには?

慰謝料請求において証拠の有無が鍵になる事はおわかりになっていただけたかと思いますが、これらの証拠を自力で入手するというのはかなり難しいと言えるでしょう。
証拠集めは精神的苦痛を伴いますし、配偶者に気づかれてしまうと証拠を隠滅される可能性もあります。

さらに、決定的に夫婦関係を悪化させる可能性もありますので、確実に証拠を入手するには、専門家に任せるのがベストです。
探偵事務所であれば、最短期間で確実にあなたの武器になる浮気の証拠を入手してくれます。

調査料金はかかりますが、確実な証拠を入手出来れば調査料金を配偶者に請求したり、慰謝料で相殺されたりプラスになります。
ですから、確実にそして納得いくだけの慰謝料を受け取りたいという方は、浮気調査を依頼する事をおすすめします。

【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング

まとめ

今回は「浮気には時効がある?慰謝料請求における期限と迫った期日を延ばす方法」というテーマでお送りさせていただきました。

「浮気には時効がある」というのは、不貞行為自体の罪が消えるという事ではなく、浮気による慰謝料請求は期間が限定されているということです。

浮気が継続している場合を除き、通常は浮気発覚から時間が経てばたつほど有効な証拠の入手は難しくなります。
今すぐ慰謝料を請求を考えているわけではないという方でも、いざという時のために証拠を入手しておく事はきっとあなたにとってプラスにはるはずです。

まずは気軽に探偵事務所に相談をしてみてはいかがでしょうか?
経験を積んだ相談員や離婚カウンセラーが無料で相談にのってくれます。

相談は24時間そして匿名で行う事が可能です。
あなたの人生を再スタートさせるために、ほんの少し勇気を出してアクションを起こしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 名称未設定-1
    探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
閉じる