どんな写真が浮気の証拠として有効?写ってないといけない人や場所

調査費用0円で慰謝料「415万円」を夫からぶんどった方法はコチラ→

配偶者が浮気をしているかもしれなない…そんなお悩みを持つ方の中には離婚や慰謝料請求を考えていると言う方もいらっしゃると思います。
浮気を理由に離婚や慰謝料請求をするには、証拠は必須です。

その中でも特に証拠能力が高いのが写真ですが、実は証拠になるものとならないものがあるという事をご存じですか?
今回は浮気の証拠として有効な写真、証拠にならない写真について、また確実に証拠写真を入手する方法などについて詳しく解説していきたいと思います。

※この記事は2018年2月20日に加筆・修正しました。

お手頃価格で親しみやすい探偵事務所はこちら

1.浮気の証拠になる写真とならない写真があるってホント?

冒頭部分でもお話した通り、写真は浮気を立証するための確実な証拠になり得るアイテムの1つです。
しかし浮気相手と一緒に写っていればどんな写真でもよい…というわけではないのです。

(1)証拠になる写真とならない写真がある理由

あまり知られていない事実ですが、浮気には法的な定義があるという事をご存じですか?
配偶者が浮気相手と「定期的に肉体関係を持っていた」これを裏付ける証拠があれば、配偶者は「有責者」となり離婚、および慰謝料請求をする事が出来きます。
浮気相手に対して慰謝料請求を行う際も同様です。

しかし逆に言うと、この浮気の定義を満たす証拠がなければどれだけアナタが浮気を確信していても、離婚請求も慰謝料請求も難しくなるという事です。

証拠写真も当然この浮気の法的な定義を満たすものではないといけないため、写真の内容によって証拠能力があるかないかが決まるのです。

(2)証拠になる写真とは?

それでは浮気の確実な証拠となり得る写真には一体どのようなものがあるのでしょうか。

最も証拠能力が高いものは、ラブホテルに出入りしている瞬間を押さえたものです。
それも、

  • ラブホテルに入る2人の顔が鮮明に写っている写真
  • ラブホテルから出る2人の(少なくとも後ろ姿)写真

上記二点と出入りした時間を記録したものが必要となります。
どちらか一方ではなく全てです。

どちらか一点のみの場合は「偶然会って一緒に出てきただけ」と言い逃れできる為です。
考え辛いですが証拠としては有効とは言えないのです。

また、これがシティホテル、もしくは浮気相手の自宅である場合は肉体関係を持っていた事を裏付けるには不十分とされる事があります。
しかしまったく証拠能力がないというわけではありません。

他の証拠と合わせる事で有効になる可能性もあるので、もしこれらの写真を入手した場合は大切に保存しておきましょう

(3)証拠にならない写真とは?

couple-407150_640
証拠になる写真についてはお話しさせていただきましたが、これ以外の写真は証拠能力的には不十分、と考えた方がよいと思います。

  • 浮気相手とのツーショット
  • キスをしたり抱き合っている場面
  • ラブホテルに出入りしているが遠距離からの撮影で顔が不鮮明
  • 性交渉において局部のみを撮影したもの

などは証拠として見なされない事が多いと言えるでしょう。

どの写真も、浮気をされている側からすると立派な証拠写真なのですが、どれも法的な浮気の定義を満たすには至らないのが理由です。

2.配偶者のスマホに保存されている写真は証拠になる?

この記事をご覧の方の中には、配偶者の浮気を疑いスマホをチェックしたところ、浮気相手との写真が出てきた…このような経験をされた方もいらしゃるのではないでしょうか?
結論から言うと「証拠能力は低い」と言わざるを得ません。

例えば、ラブホテルの室内での2ショーットの写真は、証拠能力的には問題がないように思われます。
しかし問題は、どのようにしてその写真を発見したか…なのです。

もし配偶者の許可なくスマホをチェックしたのであれば、その行為自体が「プライバシーの侵害」という罪にあたる可能性があります。

またロックがかかっていたスマホを何らかの方法で解除するという行為は「不正アクセス禁止法」に該当します。
離婚裁判や調停でこの点を指摘されれば、写真が証拠として認められないだけでなく、アナタが犯罪者になる可能性さえあるのです。

浮気の証拠を何とか入手したい、そう思っても配偶者のスマホチェックはおすすめできません

3.確実に証拠写真を入手する方法が知りたい

それではどのようにすれば確実に証拠写真を入手できるのでしょうか?
ドラマや映画の中では、配偶者の後を追けて、浮気相手と密会する瞬間をシャッターに収める…なんていうシーンがよく出てきますね。

尾行や張り込みというのは素人が単独で行っても成功率は極めて低いのです。
追跡の過程で見失う可能性が高いですし、何よりも配偶者に気づかれてしまう事が多いからです。
配偶者がアナタの疑惑に気づけば証拠を隠滅したり、より慎重に行動するようになり浮気の確実な証拠入手はさらに困難になるでしょう。

そして配偶者を尾行するという行為は、想像する以上に精神的苦痛を伴うという事をおぼえておいてください。
配偶者が浮気相手と密会する現場を目にするというのはとても辛いものです。

jealousy-3029711_640

アナタは配偶者が浮気相手に密会する場を見て冷静に行動できますか?
中には、逆上してその場で詰め寄って修羅場になってしまったというケースも。

確実に浮気の証拠写真を入手するには探偵事務所に浮気調査を依頼するという方法が一番おすすめです。
探偵事務所では、経験豊富な調査員が2~3人でチームを編成し、調査にあたるので最短期間で確実に証拠となる写真を入手する事が出来ます。

調査終了後に作成される「調査報告書」は、離婚裁判、調停においても有効な証拠となります
弁護士が監修にあたっている探偵事務所も少なくありません。

合法的にそして確実に浮気の証拠写真を入手したい、という方はぜひ探偵事務所への依頼を検討されてみることをおすすめします。
探偵事務所選びに悩まれている方は下記のページを参考にしてみてください。

【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング

まとめ

今回は浮気の証拠として有効となる写真について解説しました。

写真が配偶者の浮気を立証するためには非常に有効なアイテムである事は間違いありません。
しかし、すべての写真が証拠になり得るわけではない事がおわかりになっていただけたのではないでしょうか。

中途半端な写真をもとに配偶者に離婚を求めても、話し合いを優位にすすめる事は出来きません。
それどころか離婚を拒絶される事も…。

もしアナタが配偶者の浮気を確信しているという場合は、探偵事務所に依頼して確実に証拠となる写真を入手する事をおすすめします。
調査料金はかかりますが、確実な証拠さえ手に入れる事が出来れば、調査費用は配偶者に請求したり慰謝料で相殺する事が出来きます。
デリケートな問題だけに、浮気の悩みはつい一人で抱えがちです。
誰にも話せず辛い日々を送っているという方は、まずは探偵事務所の無料相談を利用してみてはいかがでしょうか?

相談は匿名で24時間可能ですし、相談には経験豊富な相談員や離婚カウセラーがあたってくれるので話をするだけでも気持ちが軽くなるかもしれません。
離婚までは考えていない、という方も浮気の有無をハッキリさせる事で新たな気持ちで配偶者と向きあう事が出来るのではないでしょうか?
それは夫婦関係を再構築する上でもきっと役に立つはずです。

少しの勇気を出して行動を起こしてみませんか?
きっとそれはアナタの人生をリセットするための最初の一歩になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
探偵選びに迷ったら! 探偵事務所ランキング
\ 浮気の証拠が取れなかったら0円/
探偵選びに悩んだら
マッチングサービス「街角探偵」