浮気の証拠が無い場合の対処法と有利に離婚や復縁を進める為の全知識

簡単!たった1分で浮気調査見積もり!無料診断フォームはここから

この記事をご覧になっている方の中には、配偶者に対して浮気疑惑を持っていらしゃる方がほとんどだと思います。
でも決定的な証拠の入手には至っておらず、毎日モヤモヤとした気持ちで過ごしている…そんな方も少なくないのではないでしょうか?

浮気、つまり不貞行為というのは法的にも罪にあたります。
ですから浮気が確実であれば有責者となるので、配偶者への離婚慰謝料の請求(もしくは愛人への慰謝料請求)が出来るのです。
しかしその浮気の証拠がないとどうなるのでしょうか?

今回は配偶者の浮気を疑いつつも、証拠がないという方のためにお送りしたいと思います。

※この記事は2018年2月20日に加筆・修正しました。

お手頃価格で親しみやすい探偵事務所はこちら

1.どうやら配偶者が浮気している?証拠がないと有利な離婚や慰謝料請求は無理?

冒頭部分でもお話しましたが、浮気は法的には「不貞行為」にあたるれっきとした罪です。
浮気をした配偶者は有責者となりますので、浮気を理由に離婚を求めたり慰謝料の請求が出来ます。

しかし、浮気をしている確実な証拠がない場合は、配偶者が離婚を拒否する可能性もあり、その場合は強引に離婚をすすめる事は出来ません。
この項では「証拠」が離婚においていかに重要かという点についてお話していきたいと思います。

(1)離婚や慰謝料請求は証拠がすべて

あまり知られていない事なのですが、実は浮気には法的な定義があります。
「複数回に渡り定期的に肉体関係を持つ」
これが法の定めるところの不貞行為、つまり浮気です。

つまり、出会い系サイトなどで出会った相手と一度だけ肉体関係を持っても法的には浮気にはなりませんし、浮気相手と頻繁に会っていてもプラトニックな関係であればこれもまた浮気とは言えないのです。

納得できないという方もいらしゃるかもしれませんね。
また以下のケースも法的な浮気には当たらなかったり、離婚を請求する正当な理由にはならない事があります。

  • 浮気相手が配偶者を既婚者と認識していなかった
  • 浮気をする前からすでに夫婦関係は破綻していた
  • 配偶者が相手に対して強制的に肉体関係を迫った
  • 配偶者が家庭において精神的・肉体的暴力を受けていた

などです。

配偶者の浮気を理由に離婚をしたくても、法的な浮気の定義を満たす証拠がないと、離婚の話し合いがこじれた場合、離婚に応じてもらえなかったり、不利な条件で離婚する事になりかねません。

慰謝料に関しても、確実な証拠がない場合は請求自体が難しく、請求しても支払わられなかったり、納得のいく額にならないという可能性が高いのです。
ですから離婚・慰謝料請求においては証拠が「すべて」なのです。

(2)証拠探しは自分でしてもいいの?

search_mushimegane
浮気を理由とした離婚や慰謝料請求は証拠がすべてという事はすでにおわかりになっていただけたかと思います。
「じゃあ早く証拠を探さないと!」
そう思われた方、ちょっと待ってください。
証拠探しは、もちろん自分でもある程度行う事は可能です。

しかし証拠探しをしている事が、配偶者にバレてしまうと行動を自粛したり、浮気の証拠を隠滅したりと、証拠を探すのはますます難しくなります
またこの事で夫婦関係が今より悪化する可能性もあるので、自分で証拠探しを行う際は、しても良い事、ダメな事をしっかり理解した上で、無理のない範囲で行うのがポイントです。

浮気をしている人はどんなに上手く立ち回っているつもりでも、行動や言動に何らかの変化が出ます。
証拠探しをする前に、一度冷静に配偶者を観察して、本当に浮気をしているのか?まずこの点をハッキリさせるようにしましょう。
そしていざ証拠探しをする際は、深追いは厳禁です。

次の項で具体的な証拠探しのやり方を説明させていただきます。

2.浮気の証拠を自分で探すなら…チェックする物や場所

浮気の証拠を自分で探す際は、繰り返しになりますが「深追い」は厳禁です。
配偶者に気づかれないためにも、証拠探しは以下のようなものをオススメします。

(1)ポケット、カバン、サイフ、ゴミ箱の中をチェック

あまりに初歩的な事ですが、ラブテホルやレストランなどの領収書をうっかり入れっぱなしにしていた…というケースは少なくありません。
ラブホテルのメンバーズカードや、知らないレストランの名刺などがないかもチェックしましょう。

女性の場合は、自分で掃除をするからという理由で何気なしにゴミ箱に証拠となるものを捨てる可能性もありますのでゴミ箱のチェックもしましょう。

(2)クローゼットのチェック

男性も女性も浮気をすると、ファッションに力を入れたり、趣味が変わる傾向があります。
ぜひ配偶者のクローゼットをチェックして、見た事がない服、ネクタイ、そして下着の類がないかチェックしましょう。

(3)銀行口座、クレジットカードでお金の流れをチェック

浮気をするにはお金がかかります。
特に男性はラブホテル代やレストランでの食事代を負担する事が多いので、お金の流れに浮気が反映されやすいのです。
女性もメイク用品や服、下着の新調でお金を使う事もあるので、ぜひ銀行口座、クレジットカードの明細をチェックしましょう。

(4)車の中 

tyuka170809-0011_TP_V4
車は走る個室です。
浮気の証拠となるものが沢山隠れている事があります。
ECカードやナビ、カーオディオのチェックだけでなく、助手席の位置、車内の香り、落ちているゴミなどもチェックしましょう。

(5)残業、休日出勤、出張が給与に反映されているか

浮気をするには物理的に時間が必要です。
浮気相手と会う時間を捻出するために、残業、休日出勤、出張を隠れ蓑にする人は多いですが、それが給与に反映されているかチェックしましょう。

給与が変わっていないのに勤務時間だけが増えているという事は、現代においては一部のブラック企業以外は考えられにくいと言えるのではないでしょうか。

(6)バスルームのチェック

最後にバスルームのチェックをしましょう。
男性の場合は、浮気をすると急にデオドラント、香水を使う人がいますし、育毛剤を使い始める人も。

女性の場合も、香水の好みが変わったり、メイク用品が増える傾向があります。

6つのチェックポイントをご紹介させていただきました。
自力での証拠探しはこのレベルに留めておくのがベターです。
ついチェックしたくなる、スマホ、携帯、PCのチェックですが、これはオススメしません

その理由については次項で詳しくご紹介していきたいと思います。

3.スマホやPCのチェックは絶対NG!その理由とは?

PAK25_pctoiphonewokushi_TP_V4
現代人のマストアイテムでもあるスマホやPC…浮気を疑う時、真っ先にチェックしたくなるという方も多いのではないでしょうか?
これらは個人情報の宝庫なので浮気の証拠が隠されている可能性もやはり大きいと言えます。

しかし、スマホやPCはチェックした痕跡が残りやすいというデメリットがあります。
なぜチェックした事がバレるのでしょうか?

(1)浮気隠しアプリ

最近は無料アプリの中にも浮気隠しと言われるものが多数存在します。

①セキュアカーテン

こちらのアプリは、直接配偶者のスマホに触らなければいいだろう…という企てもバレてしまうというアプリです。
スマホ内の個人情報にアクセスしようとするアプリを自動で検知するアプリです。

本来は、不正アプリをインストールするとすぐにユーザーへの警告メッセージが表示されるため、個人情報を抜き取られるトラブルを未然に防ぐのが目的で開発されたようですが、今は配偶者がスマホのチェックをしないように…と使う人も多いのだとか。

②くまもんのアプリロック

これは、パスワードがかかっている配偶者のスマホをチェック対策アプリです。
5回パスワードを間違えると、撮影されてしまうので証拠探しのはずが「アナタが配偶者のスマホをチェックしていた」動かぬ証拠が残ってしまいます。

③SecurityCam

このアプリは、かなり本格的なアプリです。
画面をタップ、フリック、ロック解除などしようとした相手の写真や動画を撮影します。
設定次第で、撮影時に警告メッセージを表示したり、振動で脅しをかけたり、それらを止めるためのパスワードを求めたりするようにも出来ます。

このようなアプリを配偶者がインストールしている場合、スマホに触れると確実にバレてしまいます。
夫婦関係が今より悪化する可能性が高いですし、その他の浮気の証拠を隠滅される事もあるのでスマホには触らない方が良いですね。

(2)PCは痕跡が残りやすい

PCで夫が、妻が何を見ているのだろう?
気になりますよね。
浮気疑惑がある場合はさらに気になります。

しかし配偶者が見たサイトをアナタが見ると、それも履歴に残ります。
配偶者が開いたページをその順番に見ていくという方法もありますが、スマホ同様監視アプリ、プログラムが入っている可能性もあるので、PCのチェックもオススメしません

(3)配偶者のスマホやPCを見るのはプライバシー侵害にあたる?

そしてスマホやPCをチェックしない方がよい一番の理由は別にあります。
夫婦間といえ、他人のスマホやPCを勝手に見ると「プライバシーの侵害」にあたる事があります

またロックがかかっていたにも関わらず、配偶者の同意ナシでロックを解除すると「不正アクセス禁止法」に問われる事さえあるのです。
そうするといくら浮気の証拠を見つけても、離婚裁判や調停で不利になる事があります。

このような理由から、スマホやPCをチェックするのは厳禁と言えるでしょう。
証拠探しは、オススメした内容のものにとどめておきましょう。
それ以上の確実な証拠が欲しいという場合は、やはり専門家に任せるのが得策です。

4.探偵事務所は浮気調査の証拠取得のプロ

探偵事務所であれば、最短期間で浮気の事実の有無を明らかにして、その上で確実な証拠を入手してくれます。
浮気調査はタイミングが命、とも言われているので、なるべく早く真実が知りたい、証拠が欲しいという方は探偵事務所への依頼を検討してみてくださいね。

もし探偵事務所選びに迷われている際は当サイトの比較ランキングページでおすすめ探偵事務所を紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング

5.まとめ

今回は「配偶者の浮気、証拠がないと離婚は無理?」というテーマでお送りさせていただきました。
配偶者が怪しいと思うと、つい証拠探しをしたくなるのは当然の心理です。

しかし証拠探しには「やってもいい証拠探し」と「やってはいけない証拠探し」があるんですね。
確実に証拠を入手したいと思ったら、やはりプロである探偵に依頼するのがベストです。
調査費用はかかりますが、離婚を優位に進める事が出来れば、調査料金を請求したり、慰謝料で相殺もしくはプラスになる事もあります。

相談は24時間無料で、しかも匿名で行う事が出来るので、1人で悩んでいるという方はまずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
探偵選びに迷ったら! 探偵事務所ランキング
\ 簡単!たった1分で無料見積もり/
無料診断スタート