嫁(妻)の浮気調査

妻(嫁)の浮気や不倫を簡単に見破る方法を解説

匿名・ 無料で利用できる浮気解決診断シュミレ―ターでまず診断してみる

「最近、妻の雰囲気が変わったような…」
「嫁の外出が以前より増えたような気がする…」
「スマホを家のどこにいても持ち歩いてるような気がする…」
「頻繁に誰かとLINEをしている…」

今これを読んでいるあなたは何かしら妻の最近の動向が気になっているのではないでしょうか?
「もしかしたら浮気をしているのでは…」そのような不安を抱きながら生活をともにしている中で、自分の妻に限ってそのようなことはないと思っている男性も多いかと思います。

しかしながら、男性が浮気や不倫をしている相手は女性なのですから、その相手の女性が未婚ではなく既婚ということも大いに考えられます。
つまり、男性が浮気や不倫をしている数だけ女性もしていると考えるのが自然なのです。

これまで真面目に生きてきた方にとっては、妻の浮気や不倫は信じがたいものであることは間違いありません。
そこで今回は、妻の浮気調査として、自分で簡単にできる浮気や不倫を見破る方法をご紹介します。

今、夫婦生活で浮気や不倫の悩みがある方にとっては参考になる内容となっております。
ぜひ最後までお付き合いください。

元弁護士が本気で推薦する探偵事務所ランキング

1.妻の浮気調査の目的は?

あなたはなぜ妻の浮気調査をしようと考えているのでしょうか?まずはあなたが浮気調査をする目的を明確にしましょう。
妻に苦しめられた慰謝料を請求するためでしょうか?それとも不貞行為へと走った妻と離婚をするためでしょうか?

浮気調査をする目的が定まっていないとその後の行動も決められないため、あなたが浮気調査をして今後はどのようにしていきたいのかを決めておく必要があります。
子供がいれば離婚という選択肢を安易に決められないケースもあるかとは思います。

あなた自身がこの問題と向き合い、より良い答えを導き出す必要があります。

2.妻の浮気を見破る方法

ewan-robertson-208059-unsplash
妻の浮気調査をする上で守らなければならないルールがあります。
それは、浮気をしている、またはしていた証拠をつかんだとしても、決して追及することを焦ってはいけません。

なぜなら、焦って妻を追求するあまり、他に眠っていた浮気や不倫の証拠を消されてしまう可能性があるからです。
そうなってしまうと慰謝料請求や離婚を求める場合に、決定打に欠ける結果となってしまう恐れがあります。そうならないためにも浮気や不倫の追求はタイミングを図りましょう。

それでは、ここからは簡単に浮気や不倫を見破る方法を紹介していきます。

(1)妻のスケジュールを確認

一番良い方法は妻のスマホや携帯電話、手帳などをチェックすることが理想ですが、これには見つかる危険も伴うため、無理に行う必要はありません。
もしも証拠を集めているのが見つかってしまった場合には、妻が証拠隠滅を図る可能性もあるため、できる限りの範囲で確認しましょう。

まずはスマホや携帯電話に関してですが、ストレートにメールやLINEなどで浮気(不倫)相手と連絡を取っている可能性が高いです。
そのままメールやLINEでのメッセージのやり取りが残っていれば良いですが、削除されている可能性も考えましょう。

ちなみに、メッセージが削除されている場合には、会話が途中で区切れている、または時間が極端に空いていることが多いため注意しましょう。
また、浮気(不倫)相手の登録名を変えている可能性も高いため名前で判断しないことが重要です。

そして、スマホや携帯電話ではメールやLINE以外にも通話履歴の確認も重要です。
頻繁に電話している人や企業は疑ったほうが良いでしょう。
もちろんメッセージにしても通話履歴に関しても、どちらも削除できるため、証拠が残されていない可能性もあります。

また、手帳を確認する際のポイントですが、パッと見ただけでは何を表しているのか分からない記号や暗号があれば要注意です。
デートやホテルでの密会を表している可能性もあるため、その日は特に妻の動向に目を光らせておきましょう。

このようにスマホや携帯電話、手帳などから妻の浮気調査を行うことも可能です。
特にロックをかけていない、メッセージを削除していないなどの場合は、早期解決にもつながります。
この他にも画像フォルダーなどをチェックしてみることもオススメします。
そこまで残している可能性は少ないですが、ずぼらな性格の場合には、浮気(不倫)相手との写真が残されている可能性もゼロではありません。

慰謝料請求や離婚を優位に進めていくためにも、自分でできる範囲のことは実行してみましょう。

(2)可能な範囲で尾行をする

妻の浮気や不倫の大半が夫の仕事中に行われていることが多いです。
パートやアルバイトに出ていない専業主婦ほど時間を持て余しているため、あなたの仕事中に何をしているのかを把握しておきたいところです。

しかしながら、頻繁に仕事を抜け出すわけにもいかないため、確かな証拠や確信がある場合以外はむやみに仕事を休む、または抜けるという行為は控えましょう。
この尾行をする場合ですが、事前にメールやLINEなどで情報をつかんだ上で行動をすることにより、さらに効果を発揮します。

どこで何をするかという情報を事前につかみ尾行をし、事実確認ができればあとはそれを証拠として残す作業が必要です。
方法としては写真や動画で記録しておくことをおすすめします。

ちなみに、写真や動画で妻の不貞行為の証拠を撮影できただけで安心してはいけません。
なぜなら、一度の不貞行為では法律的に慰謝料請求や離婚が認められないケースが多いからです

ここで法的な効力を発揮する証拠を集めようと思うと、最低でも3回以上はラブホテルなどへ出入りしている写真や動画を残しておきましょう。
1回ではなく、複数回にわたり肉体関係があることを証明できると、それは立派な浮気(不倫)の証拠として裁判所でも提出できます。

また、ラブホテルへ出入りしている証拠をつかむ際の注意点ですが、ホテルでの滞在時間も重要となってきます。
5分や10分で肉体関係を証明するのは難しく、最低でも40分以上の滞在を証明することが重要です。
あまりにも時間が短い場合には、たとえラブホテルに2人で入っていったとしても、休憩していただけと言われればそれまでとなってしまうからです。

さらに、肉体関係だけではなく、密会が複数回続いているようであれば、それも立派な浮気(不倫)として認められます。
ラブホテルだけではなく、相手宅へ最低でも5回以上は出入りをしている証拠をつかむことにより、慰謝料請求や離婚の対象として認められやすくなります。

もし肉体関係がないとしても、相手宅へ複数回にわたり足を運ぶ仲であれば、十分に不貞行為として認められます。
どれも1回だけでは不貞行為だと認定されにくく、複数回の不貞行為を証明する必要があり、それを個人として集めると時間も労力もかかることは避けられません。
最後には外部委託する方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

(3)妻専用の車がある場合は車内を調べる

浮気相手を乗せている可能性が高いので何かしらの証拠が出てくる可能性があります。

  • カーナビの走行履歴(不自然な場所に行った履歴がないか)
  • ゴミ箱のレシートやゴミ(二人分の飲み物や食べ物を購入していないか、嫁が口にしないようなものを購入していないか)
  • 車内に男性の髪の毛がないか(コロコロなどでチェック)

(4)財布やクレジットカードの明細をチェック

その他には財布の中を調べる方法もあります。どう考えても妻個人では購入することがなさそうなレシートやクレジットカードの明細などは残しておくようにしましょう。

  • ホテルのレシート
  • コンビニのレシート(嫁が口にしないものやコンドームなど)
  • メンバーカード(ジムやレストランなどで行動パターンが把握できる)
  • 浮気相手とのプリクラやツーショット写真など
  • 携帯電話料金が急に増えた時期がないか(浮気が始まった時期の可能性が高い)
  • 洋服や下着、化粧品などを頻繁に購入していないか
  • エステや美容室などへ行く回数が増えていないか

※嫁名義の明細は本人しか開封することが出来ず、ご自身で開けてしまうとその後裁判などになった際に、こちらの過失となってしまうこともありますので注意が必要です

3.疑惑レベル別のチェック方法

前項で紹介したように、浮気がほぼ確定している場合にはスケジュールをチェックしたり尾行をしたりと方法がありますが、「化粧の仕方が変わった」「料理の味付けが微妙に変わった」など、何気ない変化に“なんだか怪しい”と思っている場合には、証拠が少ないため決定的瞬間を捉えるのは難しい場合が多いです。
また、この段階ではまだ本当に浮気をしているかもわかりませんし、妻を信じたいという気持ちも強いと思います。

そこで浮気をしている可能性が高いのかどうかを確認するために、妻の言動を思い返しながら、以下の10項目をチェックしてみてください。
3項目以上に当てはまる場合には、浮気をしている可能性が考えられます。

【浮気チェックリスト】

  1. 化粧が濃くなった・変わった
  2. 頻繁に新しい洋服や下着などを購入している
  3. 行き先や時間を言わずに外出することが増えた
  4. 習い事やジムに通い始めた
  5. 料理の味付けが変わった
  6. 携帯電話やスマホを肌身離さず持っている
  7. メールやLINE、通話履歴などを削除した痕跡がある
  8. 夜の営みが減った・拒むようになった
  9. ムダ毛や肌の手入れを怠らなくなった
  10. 旦那の行動を把握したがる

4.浮気の証拠として有効なものは何?

妻の浮気調査をする際に、よく有効な証拠として思われがちなのが、携帯電話やスマホに残されたメールやLINEのメッセージです。
実は、浮気(不倫)をしていることを知るキッカケにはなりますが、その先に肉体関係があるのかどうかまでは知ることは不可能です。

つまり、肉体関係が証明できない以上は、慰謝料請求や有利に離婚を進めるのが難しくなってしまいます。
また、写真や動画に関しても同じことが言えます。
軽くキスをしているくらいの写真では、それだけで肉体関係を証明することは難しく、やはり前述したラブホテルへや相手宅への複数回の出入りを撮影するしかありません。

同様に、ラブホテルへ行った際の領収書なども肉体関係を証明できないため、意外ではありますが証拠としては力が弱いと言えます。

5.妻の浮気が事実として離婚すべき?立て直すべき?

tyrell-charles-384916-unsplash
もし妻の浮気が事実だとするならば、あなたは妻に何を望みますか?
離婚をして慰謝料請求をすることが本当に望みでしょうか?
それとも事実を受け止め、妻に改心させることが目的でしょうか?

離婚を決めることは書類上の問題ですので、誰でも簡単にできてしまいます。
しかし、今後の2人の生活、あるいはお子さんがいればお子さんのことを考えた時に、果たして離婚という選択肢は正しいのかどうかを今一度考えてみてはいかがでしょうか?

子供のために浮気をした妻は悪影響だと考える方もいれば、やはり子供にとっては妻の存在が大きいため離婚は難しいという方もいると思います。

今のあなたの家庭を見つめ直した時に、それが後々最善の選択だったと言えるように、冷静な判断をすることをおすすめします。
怒りが先行するあまり、冷静な判断ができなかったと後悔しても時間は戻せません。
こういう緊急事態こそ、冷静に未来を見据えて答えを出すことが求められます。

6.浮気調査は自力でする?探偵に依頼すべき?

浮気調査の尾行を紹介した際にお話しましたが、妻の浮気調査を外部委託する方法もあります。
一番効率的かつ成果を出せる方法は、探偵事務所へ依頼することです。

なぜ探偵事務所なのかと言うと、探偵とは人・物・情報を探すプロフェッショナルだからです。
浮気調査や行方不明者の捜索、迷子のペットや企業の調査まで、探す見つけることにおいては右に出る者はいません。

特に、今回のような複数回にわたり証拠をつかむ時間と労力が必要で、なおかつ絶対に見つかってはいけない調査を行う場合には、ぜひとも探偵へ依頼すべきでしょう。
自力でも浮気調査をすることは可能ですが、万が一見つかってしまった場合には、妻がすべての証拠を闇に葬り去る可能性もあります。

このような事態になってしまう前に、探偵へ依頼し早期解決を選択しましょう。
数ある探偵事務所では、基本的に相談料無料という事務所が多く、誰でも気兼ねなく相談できる雰囲気つくりもされています。
気になる方は気軽に相談してみることをおすすめします。

まとめ

今回は妻の浮気を簡単に見破る方法を中心にご紹介してきました。
今現在、妻の浮気や不倫に悩まされている男性は、ぜひとも参考にしていただきたい内容となっています。

何よりも大切なことは、妻の浮気が発覚した後にどのようにあなたが行動するのかにかかっています。
慰謝料を請求して離婚をするのか?
はたまた離婚はせず妻に改心してもらうのか?
浮気相手にのみ慰謝料請求をするのか?
どの選択肢を選ぶかによって、今後のあなたと妻の人生が大きく変わる転機となることは間違いありません。

どこにもぶつけようのない怒りや不安に心が押しつぶされてしまいそうになることもあるでしょう。
この現実から逃げ出したくなることもあるでしょう。
しかし、あなたの人生はまだまだこれからです。
最善の選択を選べるように、当サイトでもお手伝いできればと心から願っております。

【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング【大手限定】おすすめ探偵事務所の徹底比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


関連記事


探偵事務所選びにお悩みですか?

おすすめ大手探偵

ピックアップ記事

  1. 浮気調査の手順
    自力で浮気調査する方法と伴う危険性について分かりやすく解説
  2. 浮気調査
    探偵の浮気調査と自力の証拠探しはどっちが確実で費用が安い?
  3. 探偵事務所と当サイトが「自力で浮気調査」を推奨しない4つの理由
閉じる 探偵選びに迷ったら 探偵事務所ランキング 業界最安値 全国対応 24時間365日相談受付